iPhoneアプリ

写真に透かし文字を入れられる『Watermark』で写真の無断使用を防ぐ【iPhoneアプリ】

こんにちは。本日は、上の写真のような透かし文字(ウォーターマーク)を簡単に入れることができるアプリのご紹介です。

詳細情報

Watermark - 画像とビデオオン透かし

Watermark – 画像とビデオオン透かし

  • Daneco Ltd.
  • 写真/ビデオ
  • 無料
販売元 Daneco Ltd.
サイズ 52.5MB
カテゴリ 写真/ビデオ
互換性 iOS8.0以降(iPad未対応)
言語 英語(日本語未対応)
年齢 4+
App内課金 有(360~2,100円)

使い方

①写真の選択

画面真ん中あたりの”写真”マークをタップして、カメラロール内から透かし文字(ウォーターマーク)をいれたい写真を選びます。

f:id:stationoffice:20180418082737p:image

②サイズの調整

次に、読み込んだ写真のサイズ(アスペクト比)を調整します。

特に変更したくない場合は”Original”を選びましょう。

f:id:stationoffice:20180418082848j:image

③ウォーターマークの選択

何種類かのウォーターマーク(透かし文字)のテンプレートが用意されているので、好きなものを選びます。

f:id:stationoffice:20180418082908j:image

④文字の編集

実際に写真に入れる文字を入力します。

f:id:stationoffice:20180418082919j:image

⑤文字色・不透明度の調整

次に、文字の色と不透明度(Opacity)を選びます。

ウォーターマークとして文字を入れる場合、不透明度(Opacity)は40~60くらいに設定するとちょうどよい感じです。

調整が完了したら”Save”をタップして、カメラロールに保存します。

f:id:stationoffice:20180418082940j:image

⑥保存・共有

f:id:stationoffice:20180418082833p:image