iOS

どうして逆さま・横向きに?iPhoneで撮影した写真・ビデオの向きが思うようにならない原因と対処法

iPhoneで撮影した写真やビデオを後からカメラロールで見返してみると、縦向きで撮影したはずが横向きになってしまっていたり上下が逆さまだった、なんて経験はないでしょうか。

今回は、iPhoneで撮影した写真・ビデオの向きが思うようにならない原因とその対処法についてご紹介します。

向きが思うようにならない原因

iPhoneで撮影した写真・ビデオの向きが思うようにならない原因、それはiPhoneの傾きを感知するセンサー「ジャイロセンサー」です。

このジャイロセンサーによってiPhoneは写真やビデオの天地を判別しているのですが、このセンサーがうまく作動しないと向きが思ったとおりにならず、横向きになったりしてしまうのです。

対処法

対処法は撮影する前と後かで変わってきます。

①撮影する前に正しい向きにする

正しい向きで撮影するには、ジャイロセンサーが正しく天地を識別している、ことが必要です。

正しい向きで撮影が行えるかどうかは、カメラ起動時のアイコンの向きで確認できます。

自分が構えてる向きに対して、アイコンも同じ向きになっていれば、正しい向きで撮影できていることが分かります。

逆に自分の構えてる向きに対して、アイコンが横向きになっている場合、ジャイロセンサーがうまく作動していないので、少しiPhoneを動かして正しい向きになるようにしましょう。

(例)横向きにiPhoneを構えた場合

f:id:stationoffice:20180401220206j:image f:id:stationoffice:20180401220217j:image

②撮影後のデータを編集する

撮影後のデータを変更する場合、写真とビデオでやり方が異なります。

◆写真の場合

写真の場合は、標準の「写真」アプリから回転させることができます。

◆ビデオの場合

動画の場合には、標準の「写真」アプリでは回転が出来ない為、別途他のアプリで修正する必要があります。

そんな動画の回転に役立つアプリをご紹介します。

ビデオを回転 - Video Rotate And Flip

ビデオを回転 – Video Rotate And Flip

  • Wander Bit LLC – Photo & Video Editor Apps and More
  • 写真/ビデオ
  • ¥120

このアプリの使い方は下記の記事をご参照ください。

ビデオを回転させるだけのアプリ、その名も「ビデオを回転」がシンプルで使いやすい【iPhoneアプリ】iPhoneでビデオを撮影すると、向きが横向きになってしまったり上下が逆さまになってしまうこと、よくありますよね。 ちなみに、この...