Premiere Pro

Premiere Proで複数の動画の向きを一括で回転させる方法【シーケンスの設定】

iPhoneで撮影した動画を見返してみると、縦向きで撮ったはずの動画が横向きになってしまっている(その逆も然り)こと、結構あります。

今回は、Premiere Proで複数の動画の向きを一括で回転させる方法をまとめました。

①正しい向きの動画をはじめに読み込む

Premiere Proでは最初に読み込んだ動画に最適なシーケンスが設定される為、正しい向きの動画がある場合には、最初にその動画を読み込む方が無駄な設定をする必要がなくおすすめです。

例えば、iPhoneで撮影した1080×1920の縦長のビデオを最初に読み込んだ場合には、シーケンスのフレームサイズは1080×1920に設定されます。

※シーケンスとは…Premiere Proにおけるシーケンスとは、「このビデオは1920×1080サイズで作りますよ~」といった映像の土台をなすものです。

②向きの合っていない動画を読み込む

上記の例で1080×1920の縦長のビデオを最初に読み込んだ後、1920×1080の横向きのビデオを次に読み込んだ場合には、シーケンスは1080×1920の縦長で設定されているので横向きのビデオの両端は見切れてしまいます。

ビデオが1つ、もしくは少数の場合には「エフェクト」から90度回転させましょう。

ただし、向きを回転したいビデオが大量にある場合、ひとつひとつ90度回転させていくのは非常に手間なので、次の方法で一括変更するのが簡単です。

③属性のペースト

②で向きを回転させたビデオのフレーム上で右クリック→コピーします。

次に、残りの回転させたい動画を選択して右クリック→属性のペースト→「モーション」を選択→OK。これで、全ての動画の向きが一括で回転されます。

f:id:stationoffice:20180329012504p:plain