コロナウイルス

【徹底解説】全国民に一律10万円!給付金申請方法は?いつもらえる?

一万円札

総務省は、政府が国民に一律10万円を支給する「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定したことを受けて、20日夕方、10万円の一律給付の概要が発表されました。

この記事では、給付金の具体的な申請方法や疑問点について解説します。

給付の対象者は?

給付は、国籍を問わず、今月4月27日時点の住民基本台帳に記載されているすべての人が対象です。

具体的には、国内に住む日本人と3か月を超える在留資格などを持ち住民票を届け出ている外国人が対象となります。

日本人 国内に住む人全員
外国人 3ヶ月を超える在留資格・住民票を届けている人

申請方法は郵送かオンラインの2種類

手続きは、申請用紙の郵送かオンライン申請のいずれかの方法で申請できます。

①郵送での申請
②ネットでの申請

①郵送手続き

住民票がある市区町村から送られてくる申請書に世帯主が本人名義の金融機関の口座番号などを記入し、口座を確認できる書類と
本人確認の書類のコピーを一緒に返送すれば、家族分の給付金がまとめて振り込まれます。

特定定額給付金申請書総務省が公表した給付金申請書案(出典:https://news.livedoor.com/article/detail/18149926/)

②オンライン申請

マイナンバーカードを持っている人は、インターネットでの申請も可能です。

マイナンバーに関するポータルサイト「マイナポータル」から申請します。

マイナポータルのログインには、マイナンバーカードと、PC用ICカードリーダーもしくは近距離無線通信「NFC」に対応するスマートフォンが必要です。

通知カードでは申請できません

マイナポータル

給付は世帯主の口座にまとめて振り込まれる

今回の給付金は、世帯主が申請して、世帯主の口座にまとめて振り込まれます。

個別に口座を指定して振り込みをすることは、原則できません。

給付時期は早ければ5月開始

今回の給付金は各自治体(市区町村)ごとに行われ、人口が少ない地域では5月中に給付開始とされています。

その他のポイント

給付金受取を辞退することもできる

家族の中に支給を希望しない人がいる場合は申請用紙の記入欄にチェックを入れることで、その人の分は支給されません。また、家族全員が支給を希望しない場合は、申請用紙そのもを返送しなければOKです。

給付金に関する総務省HPはこちら